LOGIN

ADMIN ID:
ADMIN PW:

CALENDAR

<< 2018/01 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NEWEST /   

1月の全校集会  2018/01/24

今日は、2つのお話しをしました。
1つ目は歩くことについてです。
以前から気になっていたのですが、歩く時に足の裏を床にすりつけるように歩く、いわゆるペタペタ歩きの児童が少なくありません。
「廊下は美しく歩こう!」は千小ルールの1つです。美しく歩くことは、体だけではなく心と頭にとっても良い効果を生み出すから、ちゃんと意識して美しく歩こうねとお話ししました。

2つ目は、安心についてです。
1月の12日と18日に防災訓練をしました。そのことを確かめたうえで、だからといってどんな地震が来ても大丈夫って安心できるのか子どもたちに尋ねてみました。子どもたちは、首を横に振りました。
じゃあ、何回も何回も訓練すれば安心できるようになるのだろうかとも尋ねてみました。やはり子どもたちは首を横に振りました。子どもたちは安心の意味を考えながら、どうすればそれを手にいれることができるのか考えてくれました。たとえ毎日訓練しても、たとえコンクリートの小屋に閉じこもっても、それだけでは、安心は手に入らないよねと言う私の言葉に、子どもたちはうなずきます。
ある児童が発言してくれました。「一生懸命する」
私はこの言葉に、子どもが持つ力に、本当に感心しました。そして、またまた、ある偉人の言葉を引用させてもらいながらその子の言葉に応えました。
そうですね。どんなに心配しても安心は手に入らない。今できることを、一生懸命に行うことが安心につながる。一生懸命、訓練し、勉強し、友達と遊ぶことが安心につながるんだね。そんなふうに確認しました。
その後、少し話が変わるのですが、安心につながりそうで実はそうではないことに、「みんな一緒」というイメージがあることを伝えました。
みんな一緒と言うと何か安心しがちだけども、実は無理なことであり、それどころか、個々の成長をはばんでしまうことが多くあって、気をつけなくてはならないことだとお話ししました。
でも、みんな一緒と聞いたり、一緒だと感じたりする時、人は何となく安心を感じてしまいやすいので、他人に対して気づかないうちに「一緒」であることを強要してしまう場合があること、その安心はコンクリートの小屋に閉じこもる見せかけの安心に似ていることをお話ししました。
それぞれが、それぞれの事情や行動や考え方を無理なく認め、認められあいながら、「一緒ではない」と見えてしまう不安を乗り越えて、「一生懸命」に自分を生きることのできる、本当の安心を目ざして欲しいと伝えました。

学校経営計画 中期的目標の1番に掲げている「安全安心な学校づくり」をこれからも子どもたちと一緒に目ざします。

| Copyright 2018,01,24, Wednesday 06:33pm 校長室 | comments (x) | trackback (x) |

 

English Day  2018/01/19

今日は・English Day でした。摂津市から派遣された5人の外国人英語指導助手(ALT)が、本校で一日、身振り手振りを交えた英語のチャンツやクイズ等のプログラムを実施したり、給食時間に音楽DJを披露したりしてくれました。子どもたちは体を動かし、楽しみながら英語に親しんでいました。
メンバーを紹介します。
写真の右から順に
Joseph  Guam, USA
Javier  Puerto Rico
Kate  Philippines (今年度千里丘小を担当してくれているALTです)
Richard  Illinois, USA
David  North Carolina, USA.
Darin  USA(stuff)



ALTの皆さん、スタッフの皆さん、楽しい英語学習の機会をありがとうございました。

| Copyright 2018,01,19, Friday 06:47pm 校長室 | comments (x) | trackback (x) |

 

千小っ子運動タイム

今日は久しぶりの「千小っ子運動タイム」でした。ポカポカの日差しの中、子どもたちは笑顔で走ったり縄跳びをしたりしていいました。
それぞれのペースで、適度な運動を楽しむことは、自尊感情を高めたり、記憶力や集中力を高め学力の向上にも効果があると言われています。
バランスの良い成長のための一つの体験として、子どもたちに定着して欲しいと願っています。

余談ですが。
私自身もジョギングや登山など、運動をするようになってから自分の住む世界が変化したと感じています。
心が折れそうな時、人はその「折れそうな心」を何とかしようとして「折れそうな心」で右往左往してしまうようです。例えば、弱い心を鍛えると称して何かを我慢しようとしたり、我慢をさせようとしたりするなどです。
近頃よく思うことは、心で心を何とかするよりも、体の調子を整えることで心を支え、丈夫にする方が効果が出やすいということです。
(文字に表現することも大切なのですが、別の機会にさせていただきます)

ですので、ここで話を元に戻すのですが、子どもたちが笑顔で走ったり跳んだりしている姿を見ていると、心から安心し、笑顔になれる私なのです。

| Copyright 2018,01,15, Monday 03:00pm 校長室 | comments (x) | trackback (x) |

 

新年 あけまして おめでとうございます

1月9日の始業式で、子どもたちにお話しした内容をお知らせします。
まず、あけまして おめでとうございますと挨拶をした後に、そうは言うけれども、「私は、ちっともめでたくないよ」って思っていた人はいませんか?と尋ねてみました。一人だけ手を挙げて意思表示をしてくれました。
大勢の人が当たり前と思っていることに異議を表明することは勇気がいるけれども、大切なことでもあることと、昔の偉いお坊さんが同じようなことを言っていたんだよと伝えました。
次に、新年には目標を立てて欲しいことを伝えました。
そして、目標を立てようとするとプレッシャーを感じることがあるけれども、次のように考えてみようと提案しました。
・目標を高くしすぎないようにする。さらには低くする。
・できないのではないかとか、できなかったら何て言われるだろうとか心配しないようにする。
・目標を立てること自体も実は大切で、できなかったとしても目標を立てて取り組んだこと自体が貴重な体験になり成長に繋がります。だから怖がらずに、目標を立てて、取り組んで、振り返りをしてくださいと伝えました。

人がどう思うかを意に介するスタイルは、「恥」として日本人の心に深く根を張っていると思います。無意識のうちに(恐れてしまい)一歩を踏み出せていないことがたくさんあり、可能性を捨ててしまっているのではないかと感じています。
(「恥」という漢字には、「(よそ様の心の声を)聞く意識」という意味があるのではないかと、勝手な持論を持っていますが、今日のところは、これ以上触れずにおきます。これも恐れなのでしょう。)
さて、子どもたちは早速、3学期の目標を考えていました。
私たち教職員は、子どもたちが安心して目標に取り組めるよう、今年も努力して参ります。

後になりました。あらためまして、
保護者の皆様、地域の皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| Copyright 2018,01,09, Tuesday 06:40pm 校長室 | comments (x) | trackback (x) |

 

NEWEST / PAGE TOP /   

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)